GoProを使う時に必要なmicroSDカードってどう選んだら良い?おすすめは?

GoProでの撮影、心躍るものです。

しかしデジタル機器である以上、そのまま録画出来るというわけには行きません。

記憶媒体が必要になります。

これに使われるのが、microSDカードなのです。

でも付属して販売はされていません。

自分で選択、購入しなくてはならないのです。

GoProにはSDカードが必要

まずはGoPro購入の時にSDカードも一緒に購入しておくことが大事です。

付属のアクセサリーとしては入っていないので、自分で選んで購入することが必要です。

普通のデジタルカメラに慣れている人だと、SDカードで良いんだなと思ってしまうかもしれませんが、GoProの場合必要なのはmicroSDカードです。

まずここを間違えないようにしたいですね。

デジタルカメラを使い慣れている人に、実はよくあるミスなのです。

完全初心者だとそのあたり、説明書を読んでもしくはネットで情報収集してから購入するので、意外と間違えないものです。

名前の通りmicroですので、サイズも小さく持ち運びには場所を取りません。

その代わり小さいので、行方不明注意です。

購入の際には、microSDカードケースを同時購入することをおすすめしたいです。

またGoPro収納ケースにSDカード収納部があるものを選ぶのもいいですね。

どんなスペックのmicroSDカードが必要

microSDカード自体、多くの製品が販売されています。

なので初心者としては特に、どういったスペックの製品を選んだら良いのか、迷ってしまいますね。

スピードクラスに注目

GoProの場合、歴代のHEROシリーズでの必須のスピードくらいが10です。

スピードクラス10以上のものを用意する必要があります。

このスピードクラス10というのは、読み書き時の転送スピードが最低毎秒10MBということです。

これ以下のスピードクラスは使えませんので、よく注意して下さい。

現在では10よりもハイスペックのスピードクラスが出ていますので、そちらにするのがおすすめです。

10というのは最低必要の数字だということも、合わせて覚えておくと良いでしょう。

容量にも注目

せっかくの撮影なのに、短い時間しか撮れないというのはちょっと困りますね。

バッテリーとかの問題もありますが、このmicroSDカードの容量でも撮影可能時間は左右されます。

容量のできるだけ大きな物を選んでおきたいです。

と言っても、むやみに容量だけ大きければいいというものではありません。

多くの動画や静画を記録できるという点では、容量の大きなカードはすぐれものです。

その代わり、紛失した時のリスクが高くなります。

なくしても気にならない記録だけならともかく、その中に大事な記録も一緒に入っていたら目も当てられませんね。

サイズの小さなmicroSDカードでは、紛失は起きがちな悲劇です。

なので撮影可能時間など合わせてみて、32GBから64GBのカードがおすすめです。

32GBの場合4K動画で最低でも1時間程度の撮影ができます。

古いGoProを今でも愛用している人の場合でも、32GBのmicroSDカードなら対応しています。

microSDカードを選ぶ時に注意したいこと

何しろ種類豊富に販売されているのが、microSDカードです。

ネット通販など見てみると、メーカーもお値段も本当に様々です。

選ぶ時に注意したほうがいいことはあるのでしょうか。

安かろう悪かろうには注意を

激安製品にも、かなり性能の良いものはあります。

この値段でこの性能、と驚くようなものもあるのです。

しかし機械のお約束で、値段イコール性能と言う事実はあくまでつきまといます。

microSDカードも同じことで、ちょっと高めですが有名メーカーのものにはそれだけの価値があるということです。

残念ながらスペック自体が同じでも激安製品だと、エラーが起こったりというトラブルも多く報告されています。

特に初心者の場合、ちょっと高めでも有名メーカーのカードの購入をおすすめしたいですね。

公認メーカーのものが最も安心して使用ができます。

読み込みスピードと書き込みスピード

microSDカードのパッケージ等に、例えば10GB/s等の表示があります。

実はこの表示が時に問題です。

読み込みスピードと書き込みスピードを比べた場合、スピード的に早いのは読み込みの方なのです。

なのでこの表示、読み込みの方の数字を出している場合があるのです。

早い方の数字を、強調しているのですね。

でもGoProのmicroSDカードに必要なのは、書き込みの方のスピードです。

書き込みスピードがその数値なのか、それとも読み込みのスピードがそれなのか、しっかりと視て確認する必要があります。

これは結構間違う人がいるので、注意して下さい。

まとめ

GoProは購入してそのまま準備無しで使えるものではありません。

アナログカメラにフィルムのセットが必要だったように、microSDカードの用意が必要です。

しかもアナログに必要なフィルムを購入するのと同じく、別売でカードの購入も必要です。

カードのスペックなど間違えないように、自分のGoProに最もふさわしいカードを購入使用して下さい。