ロードバイクが趣味なのでGoProを使ってロードの撮影をしてみたい!

ロードバイクというものは以前はあまり盛んではありませんでしたが、近頃では幹線道路などでもバイカーの姿をちょくちょく見かけるようになりました。

かなり浸透してきたようです。

そして時に、バイクにGoProを固定して走っている姿のバイカーも、見かけるようになりましたね。

ロードバイクにGoProを固定して

ロードというものは、バイクや車などでの走りと違ってあくまでも人力で走るものです。

なのでその爽快感も、自動で走るものに比べて格段に大きくなります。

やり遂げた感も加わって、一層気持ちよく感じるものです。

その爽快感を記録しておきたいと思うのも、これも当然のことです。

なのでアクションカメラの出番になるわけです。

これはバイクや車も同じことですが、決して手を塞がないというのはこうした乗り物を運転する時の最低限の決まりです。

片手でも出来るよというのは、それこそ子供の自慢程度のものです。

スピードの出る車やバイク、普通の自転車に比べると高速で走るロードバイクの場合、自分にも他人にも危険になる片手運転だけは、してはいけません。

ということは、何よりも両手の使えるのが最大の魅力のGoProの出番だということです。

しかもこうしたアクションの撮影に特化されたカメラですので、安心して撮影と運転が一緒にできるわけです。

バイクにGoProを固定してしまえば、それで撮影準備は可能です。

楽で安全な撮影が、GoProなら出来るのです。

ロードバイクの場合どこに固定するのがいい

ではロードに出かける前にすること、GoProを固定する場所をまず決めなくてはいけません。

車体に固定

ハンドルやハンドルバー、シートポストに取り付ける方法です。

これが最もポピュラーな固定場所です。

ハンドルに取り付けた場合、手と目の届くところにカメラがあるので安心です。

走行の爽快感を非常によく撮影ができます。

取り付け用のマウントも多種出ていますので、使い勝手のいいものを選ぶことがいくらでも出来ます。

前方に取り付けるのが一般的ですが、シートポストに固定するとこれまた面白い画像が撮れます。

集団でのロードなどの場合、シートポストに固定してもいいですね。

ちょっと物足りなく感じるのは、本体に取り付けの場合かなり小刻みに揺れるということです。

地面の振動が直接伝わってしまうのです。

またハンドルに取り付けた場合、ハンドル自体が映らなくて地面や景色にのみになってしまうのが、ちょっとさみしい感じもします。

ヘルメットや身体に固定

バイクではなく、運転者の身体に取り付ける方法もあります。

ヘルメットに固定したり、チェストマウントを使って運転者の身体に固定してしまう方法です。

ヘルメットに取り付けた場合、遠景まできれいに撮影ができるのが特徴です。

身体の上部に取り付けるので、かなり遠くの風景まで撮影ができるのです。

撮影者目線での撮影になりますので、記録として残すにはおすすめです。

ブレも少なく済みますのでその点も安心です。

ただ時にヘルメットが重く感じることもありますし、端から見て悪目立ちしてしまうこともあります。

いかにも撮影中、と見えてしまうのですね。

チェストマウントを使った場合、ハンドル操作の手元も風景も映せますし、ブレも少なく済みます。

固定もしっかりとできるので、安心して撮影ができます。

ただチェストの部分にマウントがあるので、邪魔に感じたり途中で暑くなってしまうこともあります。

また極端に前傾姿勢を取ると、映像が撮れないという悲劇も生まれます。

バイクのロードをGoProで撮影する時に

ロードは結構長時間なので、その点も注意して準備をしたいですね。

余裕があれば別のマウントも

当初チェストマウントを使うつもりだったのに、走り出したらハーネスの部分が蒸れて暑くて我慢できなくなった、などということもあります。

なのでできれば、他の部分に取り付けられるマウントも持参するといいでしょう。

休憩時に別の部分に取り付けると、また違う感覚の画像を映すことが来でます。

予備のバッテリーやモバイルバッテリーの用意

買い物に自転車でというのと、ロードは大きく違います。

何よりの差は、乗っている時間です。

長距離ロードになると、半日も自転車の上ということにもなります。

GoPro等のアクションカメラの場合、動画撮影の時に特にバッテリーの減りが早いです。

そのために予備のバッテリーの用意は不可欠ですね。

もしできれば、モバイルバッテリーをつないでの撮影ということも視野に入れてみませんか。

モバイルバッテリーにつないでおけば、まずそちらから電源が供給されます。

その後で本体のバッテリーの出番になるのです。

モバイルバッテリーの種類によってはこれで、8時間程度の連続撮影が可能になりますので、検討してみて下さい。

まとめ

バイクのロードでのGoProの撮影は、後で見てみると本当に爽快でしかも迫力満点に撮れるものです。

なのでどこに固定して撮りたいか、そのために必要なものは何なのかも、事前に確認しておきたいですね。

特にバイクでのGoProの撮影が初めてという場合、事前の準備は怠りなくするようにして下さい。